【"GTX"は格上】nvidia GT1030 はいまいちだと思う理由

こんにちは。

「GTX1030ってどうなの?」

という話を耳にするので私的な意見を書いていきます。

 

まず、GT"X"1030というGPUはありません。

"GT"1030です。

名前が違うだけだろ?と勘違いするかもしれませんが、GTシリーズとGTXシリーズでは大きな違いがあります。

なんとgforce専用のキャプチャ・録画・配信ソフトが使えません。

 

 

(ここから引用)

ただし、GeForce GT 1030は「GTシリーズ」であることにより、「GTXシリーズ」で利用できる一部の機能がカットされています。その中には、GeForce Experienceの機能としてゲーム画面の録画や配信機能を提供する「Share」や、ディスプレイ同期技術の「G-SYNC」も含まれています。また、現状ではGPU内蔵ビデオエンジンを用いるハードウェアエンコード機能「NVENC」の利用もできません。

 Adobe PhotshopやCUDA対応アプリケーションでのGPUアクセラレーションは可能ですが、カットされている機能のいくつかは有用なものであるため、このあたりの機能を利用するか否かが、GeForce GT 1030とGeForce GTX 1050の選びどころとなるでしょう。

(引用ここまで)

 

akiba-pc.watch.impress.co.jp

 

 

 

このため、痒いところに手が届かない、内蔵GPUの性能を上げただけのようなGPUに仕上がっています。

 

GT1030を買うくらいなら、 

 

GTX1050/GTX1050Ti、

 

 

さらに旧世代のGHTX750Tiや、

 

 

もっと言えば旧旧世代のGTX650との比較ですら、650にしたほうがいいと思います。

 

 

以上、GT1030がイマイチだと思う理由でした。

【初心者から騙し取る】NiceHashMinerに気をつけよう

前回の続きです。

NiceHashMinerは、

「支払っていないにも関わらず」

問い合わせても、ウォレットプロバイダに連絡してください、以外言いません。

そもそも払ってないものをウォレットプロバイダが管理しているわけ無いだろ!

そもそもウェブウォレットは使ってないという。

伝えても同じ返事を繰り返すだけ…。

舐めてるんですかね?

もしやbotが返事をしているのでは?

 

初心者騙しを生業にしているようです。

 

NiceHashMinerは使ってはいけませんでした。

【Nice Hash Miner】初心者が知っておくべきこと【回収不能に】

こんにちは。

今回は、Nice Hash Miner でやらかした話です。

約3週間分のマイニング報酬が泡となって消えました。

 

なにをやらかしたかというと、 ウォレットの受取用アドレスが一回使うごとに自動的に変わることに気づかず、NiceHashMinerでマイニングしていた報酬が受け取れなくなってしまいました。(画像黒く塗りつぶした部分)

f:id:miniPC:20170726215009p:plain

NiceHashMinerは、アカウントなどを作らずに手軽にマイニングできるソフトですが、どうやって一つ一つを管理しているかというと、ウォレットのアドレスのみです。

そのため、ウォレットが変わった場合、再度設定しなければなりません。

 

ちなみに変わってしまったときのFAQはすでにあり、

f:id:miniPC:20170726215919p:plain

(訳)

あなたのウォレットがBTCアドレスを変更しました。どうすればいいですか?


通常、ウォレットがあなたに新しい受信アドレスを与えるとき、あなたは依然として古いものの所有者です。ウォレットのサイトであなたのアドレスのリストを参照してください。あなたの古いアドレスが見つかった場合でも、それをマイニングに使用することはできますが、引き続きこのウォレットの支払いを受け取ることができます。

(訳終わり)

 

ウォレットのアドレスを変更できますか?というFAQもすでにあり、できないとの回答が。

f:id:miniPC:20170726220209p:plain

(訳)BTCアドレスを変更できますか?
場合によっては、外部ウォレットプロバイダがBitcoinアドレスを変更することがあります。また、自分で変更することもできます。ウォレットへのアクセスがなくなり、新しいウォレットを作成したい場合は、ウォレット・プロバイダーに連絡する必要があります。

あなたが知る必要のあるもの:

NiceHashはあなたの資金をコントロールすることはできません。私たちはあなたの住所の間で資金を移転することはできません。 
あなたは、鉱山している外部の住所にのみ支払われます。あなたの住所が変更された場合でも、古い住所に支払われますので、変更後も住所が有効であることを確認してください。
使用しているソフトウェアのマイニングアドレスを更新します。ソフトウェアはアドレスの変更を検出できません。ソフトウェアを更新しても、残高は古い住所から新しい住所に移行しないことに注意してください。
住所を変更する前に、お支払い上限額に達するまでマイニングを継続し  、元の住所にお金を確認した後に新しい住所に切り替えることをおすすめします。

(訳ここまで)

 

問い合わせもしてみましたが、駄目そうです。

 

最悪や〜

 

JAXXを使う人は注意。というか使わないほうがいいです。1回使うごとに自動的にアドレスが変わり、マイニング報酬が受取不能になります。

絶対に「固定アドレス」のウォレットを使いましょう。

 

 

4Kのインスタントリプレイ録画にはRAMディスクを使おう!

NVIDIAGPUで使えるShare/インスタントリプレイ(旧Shadow Play)。

いいプレイや面白いプレイが取れたとき、時間を遡って動画を保存できる機能です。

 

便利な一方、常に録画するためSSDの書き込み量が増え寿命を縮めることに繋がったり、SSDの書き込み速度という上限で録画を失敗する、といったリスクがあります。

 

特に4K解像度などの高画質で録画する場合は、ビットレートを下げると安定するものの画質が下がり、ビットレートを上げると書き込み量が増えます。

 

特に、TLCSSDがメインになった今、SSDの書き込み上限は気にしたいところです。

 

そこで、それらを解決するのがRAMディスクです。

RAMディスクを使えば、SSDの書き込み量の心配や、SSDの書き込み上限による録画の失敗がなくなります。

 

私も過去にSSDで4Kインスタントリプレイを保存しようとして失敗しました。

失敗するとこの動画のようになります。

 

RAMディスクを使ったところ、このような録画失敗のエラーはなく、インスタントリプレイを4Kで録画しています。

 

使ったRAMディスクソフトは QLING Disk Master Free です。

他を使ったことがないので比較はできませんが、とりあえずフリーなので使っています。

 

ブログ開設

ブログ開設します。

mini-ITX自作PC などについて書いていくと思います。