【NCASE M1】CPUクーラーはトップフロー、Noctua NH-C14S が一番良い。

NCASE M1 の空冷CPUクーラー、色々試しましたが一番良いクーラーが私の中で決定しました。

 

Noctua(ノクチュア)の「NH-C14S」です。

 

過去に何を使っていたかというと、

1,インテルのリテールクーラー

良い点は、手に入りやすいこと。安いこと。

悪い点は、アイドルでもうるさいこと。(ロットによるらしい)そして冷えない。

 あまり使いたくはないですね。

 

 

2,Cooler Master 「風神スリム」

特徴としては12cmファンを採用した、高さの低いCPUクーラー。

 

良い点は、

・12cmファンを採用したため、ファンを換装するときの選択肢が多く、静かにできる点。

・バックプレート付きで取り付けやすい点。

 

悪い点は、

・ヒートパイプがダイレクトタッチ&放熱フィンが薄いため、冷却性能はほどほどでオーバークロックはあまり推奨できず定格が限度な点。

・手が入りづらく、クーラーを付けたまま配線をいじるには難しい点。

が挙げられます。

 

過去に使っていたケースからの流用したので使いましたが、新しく買うなら特に選ぶ理由は無いです。

 お値段3700円。意外と高め。

 

 

3,サイズ  「KABUTO3」 (兜参/兜3)

特徴は、大型トップフロー。

 

良い点は、

・太め,貫通ヒートパイプ&やや大型放熱フィンにより、冷える。

AMD RYZEN のソケットAM4対応。

・入手が容易。

 

悪い点は、

・大型かつプッシュピンのため、取り付けが非常に難しい。というか手が入りません。

電源ケーブルとのクリアランスがギリギリすぎる。(画像赤丸部分)

・サイドブラケットの3.5インチHDD搭載スペースと干渉する。 

f:id:miniPC:20170806204124j:plain

 

総評としては、値段の割によく冷え静かだが、細かいところで不満が溜まる。お値段4200円。

 

 

4,Noctua 「NH-D9L」

特徴は、放熱フィンが小型デュアルタワーの、9cmファンを最大3個乗せられるサイドフロー型CPU クーラー。高さ以外は干渉知らずといえるほど小さい。

 

良い点は、

・取り付けが楽。

・小さいため、取り付け後もメンテナンスが楽。

・排気ファンと一直線になる。

・デュアルファンにすることで、片方のファンが壊れても平気になる安心感が得られる。

 

悪い点は、

・9cmファンのため回転数を上げるとすぐうるさくなる。ファン換装も良い選択肢があまりない。

マザーボードに熱が溜まる。

 f:id:miniPC:20170806204334j:plain

総評としては、よく冷えるとはいえないが、細かいところで不満のたまらない楽なCPUクーラー。お値段5800円。

 

 

5,Noctua 14cm/12cmデュアルファン取付可能トップフローCPUクーラー「NH-C14S」

特徴は、14cmのデュアルファンも可能な大型トップフロー。ヒートシンクも高い位置にある。

 

良い点は、

・大型のためよく冷える。

・取り付けが楽。

・下側にファンをつけると、マザーボードがよく冷える。表面のSSDに至っては-10℃。

ヒートシンクが高いため、電源ケーブルとの干渉も問題なし。(画像赤丸部分)

・デュアルファンにすることで、故障に強くなる。

 

悪い点は、

・値段が高い。

・12cmファンに換装必須。

・ヒートパイプが片面6本のため、冷却性能に限界がありそう。

・3.5インチHDDと干渉。

f:id:miniPC:20170806204516j:plain

総評として、予算が許すなら、NCASE M1 の空冷クーラーとしては最高峰と言えると思います。お値段1万1000円。

 

 

 

NH-C14、良いですよ〜